2019年01月30日

コイケババアに花束を

あたし。
コイケジュンコ。
紙が大好き!!  なんだけど。
これだけは、あたしのなかでの、お約束。ゴミ箱からは、絶対、拾わないコト。
に。
してたんだ。
でもね。
ゴミ箱から、覗いてる紙。素敵なヤツ、あったりする。
ワケで。
そういう時、困っちゃうんだなァ〜…。
とか、思っちゃう、あたし、なんだ。


はいっ、懐かしの花井愛子調でお届けしております。こんばんはコイケです。

明けましたね新年!平成31年!最後の平成!つか数ヶ月後から新しい元号!
どんどん過去が歴史になっていくのを感じます。

突然ですが、江戸時代の文化を調べるのが好きなワタクシ。
江戸というともう歴史上のことで、歴史というと軽々しくイジっちゃいけない重い感じがしますが、
その時々の風俗を調べていくと面白い!
今じゃ厳かな扱いをしている家紋も、当時は歌舞伎役者の推しの衣装に付いていたものをミーハーに真似して自分の家紋変えたり(それが今でも継承されいる説…)、
剃り込まれた月代の幅も時期によってダサい・オシャレが変動したり、
地方の女子の中で浮世絵を参考に花魁の無数に差された簪ヘアが流行ったり。
これを知った時、私的には平成でいうところの女子高生のルーズソックス流行の発祥が茨城県水戸市だった説を思い出しました。
都会への憧れから爆発的にそして過剰な形で流行るというのはいつの時代もあるんだな〜なんて興味深く思いました。

そう考えると、いつの時代も人の興味の本質って普遍で、今体感していることを出す意味ってあるなあと痛感いたします。
で、もちろん今現在のものもなんですが、自分が肌で感じた範囲の過去の文化の振り返りもまた、その時に生きている人間にしか感じることのできない何かがあると思う今日この頃なのです。

というわけで、最近の私はなぜか1980年代にタイムスリップしております。
昭和50・60年代。ある意味、平成が終わろうとしている今も妖怪のようにはびこるTHE昭和時代。
その頃の私は小・中学生。当時、小学女子たちに流行っていたのが「コバルト文庫」を筆頭とする女子向け小説でした。
で、冒頭の花井愛子氏はその時に爆発的に人気作家だった記憶です。
とはいえ、私はタイミング的に花井愛子を通らずに来まして、唯一小4くらいに学級文庫にあった1冊をペラリとめくった記憶くらい。
その時はあまりのキラキラキラリンな台詞ばかりの余白多めな世界観に圧倒され静かに本を閉じたのでした…。
しかし、大人になって色々な台詞を切り取ってきた私、円熟した今こそ読むべきだろう!と手にしましたよ!花井愛子作品を!!

読んでみて、、すごい…80年代を凝縮したような世界…今も感じる歌舞いている感……
小学生の時とは違う衝撃が駆け巡っております……
大きな音を大きく表示して「これくらいのボリューム」。小説にあるまじき視覚(not挿絵)で理解させる行為!
読点の乱れ打ち、句点の位置の奇抜さ。ある意味理解するのが難しい!
ちょっと行きすぎなぐらいキャッチーなのは花井愛子さんが広告畑のコピーライターだったからかもしれません。
表現方法として興味深い部分が多くて、花井愛子作品ももう少し読みたいし同時代の他の作家さんのものも読みたくなってきました。

もうこうなると私がどこへ進もうとしているのか自分でもわかりませんが(笑)、まあ、どんな形にせよ作品には投影されていくのではないかと思います。

しかしこのままいくと、新元号になっても80年代のティーンズ文庫読んでいる可能性があるな、私…。
とりあえず、平成も超えても昭和の呪縛から逃れられそうもないコイケなのでございました。
posted by コイケジュンコ at 00:05| Comment(2) | 日記

2018年12月31日

2018年かぞえ唄

いやー、大晦日ですね!
恒例のココスからお届けしております。
つか、さすがに「あの人、大晦日に必ずウチに来てますね…」と噂されているんじゃないかしら。。。

そんなココスの大晦日は、今年いつになく激混みな上に気をはやらせるようなBGMが多くてハラハラします。
店員さんがテンパっているなか変調で速くなっていく曲やサンバが…ホイッスルで奏でるビートが客の私の心まではやらせる……
厨房近くに席を陣取っていたもんで「◯◯できましたっ!」「それ先に持っていって!」などの掛け合いが丸聞こえで、そんな中BGMは情熱大陸のテーマ曲へ。
ドラマティック感が半端ない…!

さて、大晦日なんでこれまた恒例の締め日記したいと思います。
今年、、何もなかったようで色々あったような。。。
今回は思い出しながらかぞえ唄形式で総決算していきたいと思います。

1「コイケの腕上がらない事件」
これは今年のコイケの全てと言っても過言ではない…そして2019年へも続いていく件ですが、ほんとビックリしましたよ!
昨夏「四十肩かも〜☆」なんて言っていた痛みが半年後、尋常じゃない痛みと症状に変わるなんて…!
リハビリに通い始めて9ヶ月。そしてこれからも更新するという長きに渡るリハビリ生活ですが、そんな私を支えるのはリハビリルームのジジババたち。
待ち時間があっという間に感じるジジババ模様。
ちなみに、そんなジジババたちの方がリハビリ順調で私を追い越し卒業していきます…

2「コイケのくちびる、未だにおかしい事件」
で、体の不調というと、昨年は口内イクラだったのですが(昨年の締め参照 http://koikejunko.sblo.jp/article/181999001.html)、
こちらは治ったのかというと、、まあ、新規のイクラはできていない!
しかしハードな手術でできた麻痺が完治していないんですよ…
その麻痺によりどういうことになっているかというと、唇にご飯粒付いていても気付けません。ギャグかよ!!
なんでシリアスになれないのアタイって…!涙

3「マンガ寝癖が止まらない」
これもひとつの病なんでは?という疑惑があるんですが、私の寝癖が静かに変態なんです。
爆発みたいな派手な寝癖とは違う、全体は整っているんだけど、ひと束だけが元気に跳ねるという2次元表現的寝癖。これが結構な頻度で現れる!
あまりに見事&相当貯まってきたので、全く腕が上がらなかった時期にフォトブックまで作る始末。そして現在、二冊目ができそうな勢いです。
ある意味2018年一番生産した作品です。笑(マンガ寝癖の写真展示等のお誘いお待ちしております☆)

4「念願のココスで誕生日」
今年一番のハレはこれじゃないでしょうか!?(興奮のレポートはこちら http://koikejunko.sblo.jp/article/184320864.html
来年も絶対やるっハート

5「メンバー増加!楳図会」
ペチャコさんきっかけで始まった、楳図かずおさんのボーダーTシャツにビン底メガネをかけて名所にて真顔で撮影する、という気まぐれな奇行遊びなんですが、嬉しいことに「入りたい!」という仲間が増え大所帯に。
しかし連絡手段が違ったり急に決まったりした時に全員対応しきれない難点が露呈した今年。
来年はもうちょっと連絡手段を事務的にしてスムーズな楳図会を心がけたい所存!!
…つか、どこへ向かうんだ楳図会!?

6「駄コラシールとの出会い」
コスプレイヤー・OMI(化郎GIBSON)さんが考案した夢の自作(コラージュ)キラキラシール「駄コラシール」。
未だにシール好きで知り合いの子どもから一枚もらうだけで「い、いいの!?ありがとう!!!!」と全開に喜ぶ中年としてはドストライクな行為で「私が考え付きたかった!」とジェラシー覚えるほど!OMIさん天才!!
紙ものは何でも素材になるので捨てられない私ですが、駄コラを始めてから食品系のビニールまで捨てられなくなり…もう私に捨てるものはないんじゃないか?笑

7「団子屋のおばさんとの出会い」
数年前から近所にあったけれど利用したことのない団子屋、今年初めて利用したらなかなか素晴らしい団子屋で。
コスパはもちろんのこと、つかコスパがいいのにオマケもすごい!団子3本買って2本オマケとか!!どうかしてる!!
さらにここの女将さんが演歌の語り部分のような接客で最高…!
来年も通いたい所存。

8「あんま王との出会い」
出不精の私が今年は西へ。ドラえもん展の設営で名古屋へ行ってまいりました!
素敵な場所、美味しい食事、色々ありましたが私の心を捕らえて離さなかったのが10分200円の「あんま王」…!無重力コースがすごかった!!
高らかと上がる椅子!故に仕切りから顔が出てしまい、地下通路を行き交う人々にチラチラ見られる辱め!!
千葉に帰ってきてからご近所で探しているんだけど見つからないな〜〜

9「老眼鏡デビュー」
10代から視力2.0を誇るワタクシ、なのでいつかはこんな日がくると思っていました・・・
つか、なんなら10年近く前から疑惑っていたのですが、版木彫りに限界を感じた2018年。とうとう作りましたよ…!!
度数0.5から始まる老眼鏡ですが、ワタクシまさかの2.0始まりでした。嘘でしょ…
思わず何度も確認しちゃいました。最初に作る老眼鏡の度数が2.0って大物すぎだろ私の視力!!
老年期を想像すると震える思いです…

10「スライディング個展」
完治していないながらも少しずつ右腕が動けるようになってきたら目も覚めてきたといいますか、急に色々「やらなきゃ!」という気になってきまして。
タイミングよく空きが出たスペースにスライディングするかのように展示させていただいたのですが、かなり朧げな段階の企画を短期間で形に持っていくのはなかなかない体験でした。
最後の1ヶ月でようやく生きてる感覚を味わったというか、それまでの11ヶ月のギャップがすごかった。。腕のリハビリだってこんな荒治療じゃねえぞ!?
でも2019年へのよいウォーミングアップになったと思います。
そして肝心の展示は見てもらいたい空間になったのでぜひよろしくお願いいたします!1/14まで!(宣伝)

こうやってみると、私なりに楽しそうだな…
2018年も捨てたもんじゃなかったようです。よかった。

ちなみに、次点11「今年中に作りたいものまだ終わってない件」
こんな日記書いてる場合かぁ〜〜いっ!
というわけで、これにて失礼っ。
みなさま、どうぞよいお年を〜〜☆
posted by コイケジュンコ at 20:16| Comment(0) | 日記

2018年12月17日

迷えるコイケ

「なにこれ?何入れたの??」
「ジンジャエールにピョロっとカルピス。」
「ほんとぉ?初恋の味がした。」
そんな初老夫婦の会話を聞きながらココスからお届けしております。
こんばんは、コイケジュンコです。

またもだいぶ開いちゃいました!もう12月…!!(震え)
あっという間すぎて今年の総括しちゃいそうですが、
あと2週間もすれば恒例の年末シメ日記を書くと思うのでグッと我慢します。

近況というと、ただいまパラボリカ・ビスさんにて個展を開催中です!
くすぶりすぎていた2018年を最後の最後で猛ダッシュした感じです。(笑)
今回、普段作らない・買わないものも調達しなければならずそこの手間も私的にはちょっと大変だったのですが(めっちゃタイトなスケジュールだったから…!)、
そうなると出てくるのは地図問題。

私、ド級の方向音痴なんです…!!

今までの最高記録は小5の時の5分→3時間半なんですが、
その時のトラウマがすごすぎて「道なりに」と言われても「このまっすぐではない道の道なりは目の前の道でいいのだろうか?少し左に曲がりかけているこっちの道の方が形的には道なりなのではないか?」とか考えすぎて迷ったり、
最初に迷った時の記憶が強すぎると毎回裏の裏をかいて同じ迷い方したりと方向音痴をこじらせております。

「そんな人は地図アプリ使ったらいいじゃない?」と言われますが、方向音痴を舐めんなよっ!!
調べた時に「あと3分」と出ていたのに案内を見ながら歩いていたら「あと15分」になることなんてザラです。
アレは何でしょうね〜。自分の矢印のはずなのに微妙に本体と方向ずれてません?
私のスマホの持ち方が悪いのかな?と思って自分の体に垂直になるようにそしてブレないように持ちながら歩いているんですがね。側から見ると扇子持ってすり足している能楽の人みたいになってます。(でもたどり着かない…)

最近はiPhoneにしたら(この時の顛末日記→http://koikejunko.sblo.jp/article/183252019.html)もっと悪化して、自分の位置情報の一時的オンができず、今いる場所の建物を打ち込んで目的地を検索するというまどろっこしいことしております。
これをやると、何棟にも分かれている大型施設だと「◯◯ビル バスターミナル」とか出て、「バスターミナル!?このビルのどこかにバスターミナルがあるの!?とビル施設内に入って案内図を確認しなければならない始末。何度手間なんだよっ!

先日も作品搬入日の前の所用でこんなことがありましたー…
紙もの作家としては大試練な搬入・搬出・納品時に雨が降るという作品運び時限定雨女なのですが、この日も冷たい雨が降ったり止んだりしておりました。
駅に降り立った私、改札出たらいきなり右も左もわからず。
色々保存してきた地図を見るも私が見えている景色と違う…!
作品持ちながら傘。iPhoneで検索する手が足りない、、時間に余裕があったのでとりあえず闇雲に歩いてみるもどんどんドツボに。
迫ってくる約束の時間。荷物はかさばり、雨はどんどん強くなってきて、、切羽詰まった状況から弱気に。
これはもう無理矢理にでも地図アプリを開こうと!
脇で傘を抑えつつ、おぼつかない手つきで最寄りの建物と目的地を入力して検索すると最初に飛び込んできた案内が、

「南東に進む」。

弱気になっていた心に怒りの火が灯りました。
こ、こちとら右も左もわかんねぇんだよ〜〜!!!怒
いいか、方向音痴っていうのはな、景色のビジュアルで覚えてんだよっ
通りの名前で言ったり、◯◯方面とか地名で言ったり、間違っても東西南北で説明するんじゃないよっっ!!!

こうなると方法はアナログ一択、まず目的地に遅刻の報告がてら場所を聞き(私があまりにとんちんかんな場所にいたため解決せず)、近所でお店を営む方にぶっちゃけ案内をもらい無事にたどり着けました。。(ボロボロの状態で来店した「さっきの電話の人」にお店のスタッフさんがほくそ笑んでおりました…)
こうなるともう一仕事終えた感がパンパないです。その後に個展の設営があるというのに。。。

いつかこの方向音痴地獄から抜け出せるのかな…そんな遠い目をする師走のできごとでした。
そんな困難を乗り越え成し得た個展が1/14まで開催中なのでどうぞよろしくお願いいたします。(結局宣伝…!!)
posted by コイケジュンコ at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月02日

44歳の嗜み

今年は最低でも毎月更新、と密かに誓っていたのにふと気づけば3ヶ月ぶり…そ、そんなに時が経った!?
梅雨入り後秋めくまでは半分意識がないコイケです。こんばんは。

最近、SNS上では女性誌の「40代の女性のバンドTはNG」なる記事が物議を醸しておりましたが、バンドT(つか、年を取るほど着こなせたら最高だと思うのですが)ごときでそんなこと言われちゃったら私はどうしたらいいのだろう…と遠い目になりました。

なんせ先日、44歳の誕生日をココスで祝ってもらいましたから☆

この日記を読んでくださっている方はご存知のとおり、私はココスを愛する身。
長年、いつかココスの店員さんに囲まれ「おめでとうございます!」と拍手をしてもらいたい…そんな淡い夢を抱いておりました。
昨年なんてココスへ行ったタイミングが誕生日当日で、「今日誕生日なんです☆」と切り出そうか、、とモジモジしてやはり言えず(家の近所すぎる!!)スゴスゴ帰ってきたくらいです。(誕生日に一人でココス!?という言葉は飲み込んでください。)

そんな中、今年は誕生日のタイミングにまゆたんに会うことになり、こ、これはアレのチャンスが!?と優しいまゆたんに漬け込んでココスで誕生会をやる約束を取り付けることに成功!まゆたん女神!
今年は長年の夢が叶うのか…!と感無量になりながら、作業をするために地元のココスへ(笑)
そこでひょんなことから気さくなおばちゃん店員さんに今月誕生日だということが知られ、しかもたまたま誕生日サービスのデザートと同じメニューを私が頼んでいたことから意外な流れへ。

おばちゃん店員さん「あの…チーズケーキって普通のチーズケーキです、、よね?」
私「(普通って!?それしかないんじゃ…)???はい。」
店員「お誕生日の方にはチーズケーキ、チョコレートケーキ、バニアイスのどちらかをサービスさせていただけるので、いかがでしょうか!?」
ええーー!!?まさかのこのタイミングでココスバースデー!?しかももっともレベルの高い「地元で一人」!!まさかあちらからその提案をしてくれる状況になるとは…!!心拍数が上がります。
ああっ、、でも私は数日後にまゆたんとココスバースデーをするんだった。。。二度もやることは…
そんな良心の呵責に苛まれておりましたが、突然訪れた「地元で一人ココスバースデー」という誘惑には勝てなかった…!(昨年、飲み込んだ分と思って許して!)
おずおずと「お、お願いします…」とプロポーズの返事か!?というくらいはにかんだ返事をするコイケ。
やるかどうか五分五分と思っていた客が乗ってきたことでパア〜ッと明るくなった店員さん、「今、ドラえもんの大きなぬいぐるみ持って来ますので!記念写真お撮りします!あ、あと…BGMも流せるんですが……」と次々提案してくれたけど、さすがに地元で下手に目立って知り合いに見られたらヤバイ!とBGMはお断りしました。
まあ、BGM流すまでがココスバースデーですけどね…ひよりました。。(唇を噛む)
このリベンジはまゆたんとのココスバースデー二回戦で…!と心に誓いました。

で、その数日後、秋葉原にて。念願のBGMありココスバースデー!
…でしたが、BGM案外溶け込む!!インストゥルメンタル具合と音量調整によりかなり空気と化しておりました!
近くを若者に囲まれて晒しとしてはなかなか良いロケーションだったのですが、みんな秋葉原での用事の打ち合わせなのかババアがデッカいドラえもん抱えてるのに全く気にしてねえ!!!
というわけで、ココスバースデーやってもらいたいけど恥ずかしい…という方、秋葉原店おすすめです(笑)
ちなみに、バースデー終わった後またBGMが流れている…と探し見ると、2歳くらいの女児がお祝いされていました。。。
奇しくも同じタイミングでお願いしていた幼児と中年……

そんなこんなで2回に渡るココスバースデーをやってもらう印象深い誕生日になりました。と同時に、「来年45歳の時は一人でBGMつけるぞ…!」と謎なヤル気がみなぎる44歳の幕開けでした。

それにしても、昔は手の空いている店員さんが数名そのテーブルで拍手していたのを見たことある気がしたんですが、今やってないんですかね?あれも期待していたんですが。来年には復活しているといいなハート️(攻める気持ちが止まらない)


という日記をハッピバースデーのBGMが流れるココスでお届けいたしました☆(どんだけココス行ってんだ!)
posted by コイケジュンコ at 00:16| Comment(0) | 日記

2018年05月18日

彼の流れに身をまかせ・・・

突然ですが、私のお財布にはおもちゃのメダルが入っています。
ご利益ありそうなメダルなので「お金がたまるかも!?」と思いまして♡
500円玉よりも1,2回り大きいので間違って使うことはないのですが、「500円玉かな?」と思って取り出して「違った…」と気落ちすることしばしば。
お金たまるどころかちょっと損した気持ちにすらなっております…笑
そんな日々を送っていたある日、都内のコーヒーショップで注文しながら友達と話していたところ店員さんに「あの…これお金じゃないんですが、、」と言われ「ハッ!!」と振り返ると、お、おもちゃのメダル出してるやーーーん!!!(汗)
「すみません!!すみません!!!間違えました!!!!」と急いでおもちゃメダルと500円玉を取り替える40代。
絵が描いているメダルで飲み物購入しようとするなんて、、幼児か!?幼児なのか!!?
しかも都会の真ん中で…久々に赤面を覚えました。。。

そんな幼児のようなことをやりつつ腕が上がらない姿は老人、こんばんはコイケジュンコです。

相変わらず腕の上がらない日々を送っておりますが、体だけではなく持ち物までガタが来ている今日この頃。
最近スマホの調子が著しく悪い!
ある日突然電源がつかなくなり(シャットダウンされているわけではない)、何をしても反応しない、再起動さえできない状態に。でも忘れた頃に勝手に再起動されている…ということが日に数十回!
もうこれ完全にダメになる予兆のヤツじゃん…!!

いつも行動の遅い私ですが、さすがに携帯ショップへ馳せ参じました。
ところが、まさかの月一回の休業日!なんという運の悪さ!!
いつもならここでくじけてまた日が開いてしまうところですが、今回はそうも言っていられない。ということで次の日に別の街の携帯ショップへ行きました。そしたらなんと、、またも月一回の休業日…!! うそでしょ!!?
お、おそろしい・・・こんなことってある?(震え)
呪いを感じつつ、その足で家電量販店へ行ってまいりました。
携帯ショップ休業日二連チャンの時点で私の運命が決まっていたのかもしれない…担当してくれた若いお兄ちゃんがめちゃくちゃiPhone推しでした。

しかもとても安いキャンペーンやっていたので120%コレっしょ!!というノリで、私が「これでいっかあ〜」と思っていたアンドロイドの機種は「言葉悪いですが、、機能がクソ」とぶっちゃけられ、とりあえずカメラがクソじゃなければ良いですと相談すると「実際撮ってみるんで見てください。iPhoneの方がきれいじゃないですか!?」とスペックではなく主観でアピられる始末。。お、圧される…!

この若い店員さんが地味にキャラが濃いんです。
私にアンドロイド<iPhoneを納得させるために自分の2台(両方持ってる!!)を持参するというサービスもちょっと面食らいましたが、待ち受けのアニメ絵が見えてるぅ〜〜!!
二次元でも三次元でも自分の好みをこんな形でカミングアウトされることのインパクトよ…。いいの?私たちそこまでの仲じゃないけどそんなところまで見せてくれるの?
私のたじろぎを追い抜き、さらには仮想通貨をやっていることまでさりげなくカミングアウト。
経験から話してくれるアドバイスや提案が私のニーズに全く絡んでこなくて、ただ頷くしかありませんでした…

話は噛み合わないものの私にそこまでオープンになってくれた店員さんの心意気を買い、人生初のiPhoneユーザーに。
もうほぼ終わったようなこの状況、ここからが私の第二ラウンドでした・・・

私が手続き上の作業をしていると、手持ち無沙汰だった店員さんが自分の脇の下が濡れていることを執拗に確認し始めました…!
脇の下を覗き込んだり、触ってみたり、、、ちょ、ちょっと…!見えてるわよ…っ!!
もうコントかっつーくらいこの動作が長いんですよ…!右、左、右、左、右、、何往復してんだよっっ!!!
その手で私のおニューのiPhone触るんじゃないでしょうね!!?ソワソワしながらも気付いていないフリをする大人な私。
そんな私を尻目に、ついには臭いまで確認し始め…っや、やめてぇ〜〜〜!!!!

その後、渡されたボールペンで契約のサインをする手が別の意味で震えました・・・

そんな思いをして手に入れたiPhone、アンドロイドで馴れてしまった身としてはまだまだストレスも多いです。
その上、OSが違うことで移行できないものもあったり、何かの不具合で電話帳も移行できていません…。

でも、悲しいかなあんまり不都合を感じていない私。
購入して1週間、電話帳にまだ1件しか入ってないけどとりあえず問題ないです。(みんな、たまには私の声を聞いて・・・)
基本アナログ思考なので不都合かどうかが分かってないという説もありますけど。。
仮想通貨どころか、おもちゃのメダルを通貨にしようとしていたぐらいですからね…トホホ
posted by コイケジュンコ at 01:43| Comment(0) | 日記

2018年04月15日

女心と上の空

春うららかになってきましたね!みなさんいかがお過ごしでしょうか?
暖かくなってきて軽やかになる時期だと思いますが、ワタクシはというと、、重いんです。。腕が重いんです…!!涙

遡ること昨夏。
突然バスのボタンまで手を伸ばしづらくなってきまして。大リーグボール養成ギブスを着けている星飛雄馬か!?っつーくらいボタン押すまでにプルプルしちゃうんですよ。
そこでハタと思い当たりました。これが四十肩…!!?と。
お姉さま方からいろいろな経験話を聞き、今は辛いけどそのうち治るだろう…なんて高をくくっていた半年後。
もっとひどくなってまいりました☆

初期段階の痛みとはまた違う、痛い方に動かしちゃったら最後、しばらく悶絶うずくまるくらいの強烈なしびれ痛…!!
四十肩だと認識した頃には動いていた方向にも動かなくなり、可動域はどんどん狭くなり痛みも強くなる一方…
生活に支障きたしまくりでもうこれはヤバいだろう!!と病院に行ってきました。(こういう流れ多くない?私ってば)

しびれがあるせいか首のレントゲンをめっちゃ撮られて不安を煽られましたが、骨などには異常なし☆
それは良かったんですが、二次的な症状になっており体がかなり固まってしまっていると。
自分じゃどうにもできないくらい固まってしまっているので週2でリハビリに通ってくれと。
ええ〜〜〜!?まさかの大事にしてたら体固まったあ〜〜!??
今までも気づかぬうちに無理して歩けなくなったりしたけど、無理させなくても動かなくなるん〜〜!!???(※驚きとショックのため妙なテンションでお届けしております。)
そんなわけで路頭に迷いながらただいまリハビリに通っています。。
すこぉ〜〜しは良くなってきている気がしますが、かなーーーり亀の歩みなので長い目で通っていきたいと思っています。。。

そんなリハビリ通院も数回重ねたある日、リハビリ広場へ行きベンチ入りの補欠的位置のソファに座ると、すぐ目の前で推定90代のおばあちゃんがアンニュイにリハビリ中でした。
手すり平行棒のスタート地点で車椅子に座っているおばあちゃんの足をマッサージしたり刺激したりしている先生を後目に、車いすの手すりに肘を乗せ上の空なおばあちゃん。
でも、めちゃくちゃ何でもサラリとこなすんです!!
台の上に足を載せ「足のつま先をギッタンバッコンしてください」というと、聞いているか聞いていないか分からない表情で軽快なステップ、支え有りで歩いてもらっても痛がったりつっかえたりする様子がない。
大腿骨を骨折して入院しているようなんだけど、、こんなに表情ひとつ変えずにできるもの!?
もしかしたら上の空がいい感じに力を抜けて良いのかも!それくらいの境地に見える身のこなしぶり。

それにしてもその上の空の原因が切ない。息子さんが来ないらしいんです。
自分がここに入院していることを知らないんじゃないか?とすごく心配しているんですよね。
しかし、先生とのやりとりを聞いていると、どうもおばあさんが痴呆になっている疑惑…
来ているのに来ていないと思われる、来ないことを心配し寂しくしている、双方切ないな〜とちょっとしんみりしていたら、ラジオからジュリーの「勝手にしやがれ」が。
ティリッティリッティ〜ティリッティリッティ〜ティリリリリティリリリ♬
軽快な前奏とともに立つリハビリ中のおばあさんが少し揺れたのを私は見逃しませんでした。
壁ぎわにぃ〜寝返り打ぅってぇぇぇ〜〜♬
お、おばあさんが体を本格的に前後し始めたあぁぁ〜〜!!!!?
その揺れ、結構激しい…!!
両手は手すりを持ったまま足も固定し、恥骨を前に出すように前後しながらリズムを刻むおばあちゃん。
その前でリハビリの先生が「いいですよ〜○さん、曲に合わせて動いてるの?いいですよ〜」と真面目なトーンで激励、それに対して無反応のまま激しくリズムを刻み続けるおばあさん。
シュール…全てがシュールすぎる……!!

上の空がいい感じに力が抜けるだけでなくこういう無自覚も生むのか、、衝撃と学びのある見学タイムでした。
それにしても花粉症でマスクしていてよかった…。激しく揺れ始めた時とっさのことすぎてリアルに吹きましたから。。

そんなこんなで、
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです☆
posted by コイケジュンコ at 21:22| Comment(0) | 日記

2018年03月30日

スタバの君

花粉症、絶好調☆

みなさんこんばんは、コイケジュンコです。
花粉症ももう20年選手しかも秋口なども症状が出るようになり万年花粉太郎なんですが、この季節の花粉症はいつも慣れませんな!
顔がいつでも上下スウェット状態です。(人に見せられるモンじゃないの意)

厳密には顔だけでなく頭もすごかったんですけどね…
ここ最近の私は「マンガ寝癖」を量産してもおりました。。

●マンガ寝癖とは:寝起き時に髪がまとまっているにも関わらず極小な毛束だけが勢いよく跳ねている様。髪が伸びてくると現れてくる。

どういう寝方をしたら一束だけ別世界になるのか、大変不思議な現象なんです。何度見ても「どういうことなんだ、、この寝癖…」とたじろぎます。
昔はこんなことなかったけどな〜。髪質が変わったのか、生き様がそうさせるのか・・・
毎朝寝起き1分で撮影するという中年としてはかなりリスキーなことしてたんで、その骨を拾うためにもそのうちZINEでも作ろうと思います。(需要は考えない)

起きたら出来ている「マンガ寝癖バブル」だったので名残惜しかったんですが、後ろ髪だけがもっさりしてくるという宮史郎現象により先日髪を切ってきました。
ここで新たな驚きなんですが…予想をはるかに超えて短くなりまして。写真見せたのに別の髪型かっつーくらい短え!!
口で説明するより写真見せる方が伝わらないってどういうことなのでしょう…モデルさんと顔が違いすぎるのがいけないのでしょうか……
マンガ寝癖に再会できる日はだいぶ遠そうです。。。

そんなこんなで花粉症が全盛期な3月。
どうしても出不精になってしまいがちの中、「これだけは見なければならない!」とドラえもん展でコラボさせていただいた森村泰昌さんの公演を拝見してきました。
森村さんの公演を観て刺激されソワソワしながら電車乗っていたら一気に脳を使いすぎたのか「あ、甘いものが飲みてえ…!!」と発狂しそうになる私。
止められない…無性に激甘なものが飲みたい!!
ただいまの時間は22時半。スマホ駆使して地元の情報を調べてみたら23時まで開いているスタバがありました。迷わず駆け込み!

滞りなく甘そうなフラペチーノを注文して受け取り口でソワソワしていたら、私の過剰すぎる飲みたい感情が伝わったのか前の人を追い越し「お待ちください♪」と言われる始末。お恥ずかしい☆
そして私の番となりウキウキ待っている時でした。

「チョコお好きなんですか?」

突然の質問に「へ?」となる私。
そこでちゃんとスタッフさんの顔を見たら、、激マブ!!!
その激マブな女の子が眩い笑顔でもう一度「チョコ、お好きなんですか?」

「あ、、まあ、はい、好きっす…」なぜか突然不器用な男子高校生のようになる43歳熟女。
「無料でチョコチップ増量できるんですが、どうしますか?☆」
「あ、じゃあ、お願いします…」
(かわいい上に優しいじゃねえか・・・)
と感動していたのもつかの間、「チョコソースも増量できるんですが(どうしますか?)」と顔横でチョコソースを絞る仕草をする激マブスタッフさん。こ、殺す気か…!!!(萌え)
もちろんお願いしました☆

激マブスタッフさんの計らいで魅惑の飲み物が2割増くらいで出来上がりました。こんなん夜中に飲んだらあかんよね・・・
なんて後ろめたさが心巡っていたら、激マブスタッフさんが「夜のデザートですね♡」と微笑みながら渡してくれました。
「いや、飲みたい時に飲むだけっす。自分そういうの関係ないっすから」
聞いてもいないのに、深夜のカロリー摂取になぜか男気を見せるコイケ。
これか…かわいい子の前で男子が浮足立ってしまう……この感じか…
男子の気持ちとシンクロしたひと時でした。

「また来てくださいね☆」と満面の笑みをいただいて最後までキュンキュン♡
こんなおばちゃんにまであんな接客してくれるなんてええ子やな…とミヤコ蝶々ばりにしんみりしていたんですが、急にふとある疑惑が過りました。

まさか、、私のこと、男と思っていたってことはない、、よ、ね……?

考えてみたら、私の髪は今めっちゃ短い。
横も後ろも刈り上げ状態&すっぴん眼鏡にボーイッシュないでたち…ありうる!!
子どもの頃に性別を間違えられることはあると思いますが、私の場合、成人してからもおっちゃんに「お兄さん」と話しかけられたり、友達の近所の方に「旦那さん?」と言われたりすることもあったのであながち無いとも言い切れない。
そうなると私とのやりとりに別の意味がはらんでくる気が…

今度、私が持っているなかで最大級のブリブリ服でリベンジするしかねえな!(という理由にかこつけてまた行くつもりのコイケなのであった…)
posted by コイケジュンコ at 23:15| Comment(0) | 日記

2018年02月03日

相も変わらぬ2018

2月に突入しましたが、2018年最初の日記!
旧正月ってことで、、皆様あけましておめでとうございます!!

新年というと、昭和な人間的には年賀状…
今年はメルヘンテイストでポメラニアン犬の目がコイケという、「微笑みながら狂っている」そんな年賀状をお送りしました。
でも、気付かれなかったら時代を遡る純粋メルヘンにも見えるかなり危険な年賀状です(笑)

実はコレ、19歳から続けている干支×コイケシリーズ。
止め時が分からず干支3巡目となりました。。。
しかも最初は友達だけだったから良かったのですが、今や仕事で関わった方などもいらっしゃるわけで…。
まだ探り合っている状態でも年が明ければガッツリ「THEコイケ」な年賀状が突然送られてくるわけです。乱暴!
新年になったらやりとりしてもらえないなんてことがないか心配でなりません。
みなさま、どうかコイケから逃げないで…!!

そんなこんなで十代から変わらない年賀状のお話をしましたが、コイケ的「十代から変わらない」といえば食欲ですね…
私の食事情を知っている人はこう言います。「まるで男子寮生だ」と。
男子並みによく食べる方なんですが、食の好みも男子級。
肉と炭水化物が大好きな四十代の熟女です♡ここだけは衰えなくてヤダ!!
そんな私が、同じく大飯食らいな2コ下の女性ともんじゃ&お好み焼き食べ放題に行ってきました。
もう嫌な予感しかしません。

早い時間なのもあってか、入店一番乗り。鉄板が正方形の二人席に通されました。
90分の時間制限、食べ物も飲み物も残したらダメ、鉄板のポケットに残飯を入れてもダメ、時間をオーバーしてもダメ、その違反が見つかったら一人1000円ずつ追加支払いという緊張感ある説明を受け、いざ開始!
まずは、もんじゃから。
もんじゃ・・・何気に10年ぶりじゃないかという久しぶり感!
遠い記憶を辿りながらまあまあの作り出しができてホッとしながらふと目をやると、鉄板の端っこに油を引き始めている友達。油を引いた鉄板、その大きさ10cm角。
「…何やってるの?ま、まさか、そこでお好み焼作ろうと思ってる!?」
そのまさかでした。。。

90分という時間制限のなか、自ら作って食すとなると時間が足らないだろう(加えて、私は猫舌)と懸念した友達が無理矢理2つ目を作り始めたのです…!明らかにひとつ作る用であろう正方形の鉄板で。
鉄板の上はもう大混戦!!もんじゃの出来たところから少しずつ食べつつ、お好み焼きを広げ始める同時進行系で常に2つ可動する方式を生み出すことに成功。こんな慌ただしい鉄板芸、どうか誰も見ていませんように…!

そんな甲斐あってか、5分前に全てが終わるすごくスマートな結果となりました。さすが私たち!
結果、もんじゃ×3、お好み焼×2、焼きそば×1=計6品、ドリンク10杯という完全に元を取った40オーバー女2人組。さすが私たち…!
でも、そこまでお腹を空かせずにこの内容だったので、私のお腹は破裂しそうでしばらく体をまっすぐにできませんでした。笑

今年44、ぞろ目なコイケ。元を取るとか、腹10分目以上食べて苦しむとか、熱いものを早食いして口の中ただれるとか、そういうのもう止めたい…
この間なんか、4,5年前によく通い毎回大盛り食べてたイタリアン店が閉まるというので、3年ぶりくらいに行ってオーダーしたら、お店のおにいちゃんに口パクで「お・お・も・り?」と尋ねられました・・・そういうの止めたい!!涙

そんなことを思いつつ、今日も大飯を喰らうのでした・・・誰か止めてええぇぇぇ〜〜〜!!!
posted by コイケジュンコ at 19:38| Comment(0) | 日記

2017年12月31日

君がいるだけで2017

幸せに慣れてはいけない、そう自分に言い聞かせて過ごしてきました…
でも、年の瀬になってふと思ったんです。
私は何と闘っているのだろうと。
幸せになっていいじゃないか。
幸せになることを恐れてはいけない。
幸せになる自分を赦そう。

というわけで、毛布導入いたしました☆

私が「夏が苦手」というのは日記を読んでくださっている方々はご存知かと思います。もちろん冬の方が好きです!しかし、朝起きるのだけが苦手で…!
毛布入れると寝床に入った時に暖かいのは嬉しいのですが、その嬉しい分だけ起きるとき辛くありませんか!?
毛布無しは寝る時少々辛いけど自分の発熱だけでも寝床が暖かくて出たくなくなるのに、毛布入れたらどうなっちまうんだろう…と思ったらなかなか毛布が入れらなかったんですが、さすがにこのまま年を越すのはいかがなものかと思いまして使い始めました。
めっちゃ暖かい・・・これが毛布・・・・

はい、というわけで年の瀬、っつーか大晦日ですね!
今年も色々やらせていただき充実した一年となりました。各方面にありがとうございます…!!
そんな中、私が2017年最後に振り返ったときに一番思い出されるのはやはりアイツでしょう。

そう、口内イクラ。(それかよ!!!)

色々なハレがましいものを差し置いて、2017年強烈な思い出1位が口内イクラ!
1月に産まれたアイツ、結局2017年ずっと寄り添っておりました。。。

正式名称は「粘液嚢胞」。(瑞々しい赤い宝石のような巨大イクラな見た目から私が勝手に呼んでおります。以下イクラで失礼いたします。)
一見、口内炎なんですが唾液腺が傷ついてできるもので、支障が出たら手術して取り除くという自然治癒しない代物。
それが1月に出来てどんどん大きくなりこじらせ、食事もままならずもうダメだ!と手術したのが3月。
術後1週間で、何故か同じような場所に再発!(ギャグかと思った!)
もしかして根深くまだ残っていたかも疑惑によりゴッソリ取り除いた4月。
ここからが第二の地獄でした…。
唇が凹み、口脇から水が溢れてしまう、痺れが残る、上手く開けられず物がちゃんと食べられないなど。おかげで珍しく少し痩せました…(メンタルではなく物理的に食べられない状況でなければ痩せられない図太さよ・・・)。
口内がえぐれて攣っているのに、何故かまた再再発した5月末。
ま、まじかよ…!!さすがに震えました。
一時のことかも…いつかは消えてくれるかも……と淡く期待するも徐々に膨らみ出すイクラ。
セカンドオピニオンを経て、「もう共に生きようぞ…!!」と心に決めた6月。
イクラの存在を肯定し始めたらなんと小さくなってきました。う、うそだろ!?
ごっそり取った後のイクラだったのでもしかしたら粘液嚢胞ではなく炎症だったのかもしれませんが、心の持ちようの威力を改めて感じた2017年でした。

なんて話を締めるともう完治しているような感じですが、今も唇の形は元には戻っておらず口内も違和感があるまま2018年に突入します。
2018年もコイケジュンコとイクラをどうぞよろしくお願いいたします☆(でも「君がいない2018」になるようにひとつ頼む!!!)
posted by コイケジュンコ at 19:41| Comment(0) | 日記

2017年11月28日

文化祭トリエンナーレ

めっきり寒くなってきましたね〜!
暑さに弱い私としては嬉しい限りですが、今年は敏感に寒さを感じております。
これが年を取るってこと…!?
この調子で、食欲ももうちょっと年相応になってほしいです。

そんな私は、3年ぶりに友達の娘が通う学校の文化祭に行ってきました。
(※3年前の日記はこちらで→「文化祭の秋!」http://koikejunko.sblo.jp/article/104141357.html

なぜか珍事件ばかり起こったあの地へ再びー

前回も入ったはずの地でなぜか古い校舎の階段や手洗い場などに萌え始める私。もはや人ではなく…!
人がいた残像で萌えるという技術を身につけたワンランク上の猛者となっておりました。3年って人を成長させるね☆
そして、それ以上に十代は成長する・・・
久々に会った友達の娘は立派なJKになっておりました。
対面で話すより画面に向かって話す時間の方が長いくらい写メる!
JKたち息をするように写真撮るんです…!しかも早い!!
20世紀には「魂が取られる…!」と頑に撮影を拒む爺さんいたというのに。。21世紀はんぱねえ…
その上、もらった写真の加工がはんぱねえ!!
中年のJK(ジュンココイケ)が現役JK並みな瑞々しさで写っていました。。。
四十代でこんなに若々しくなるアプリってどんなだよ、、あんたたち10代半ばでしょうよ…
色んなことに震えたJKとの交流でした。

文化祭といえば、浮き足立った高校生たちの祭典。
気になるあの子の勇姿を見たり、告り告られな人間模様があったりすると思いますが、
四十代にもなると、そんな影で文化祭を全うする生徒たちの輝きに魅せられました。
華のある飲食店ではなく教室を使った催し物を一生懸命宣伝する男子。「足元お気をつけ下さい〜!!」と本意気の紳士感。教室から出て来た私たちに2クラス先まで届くほどのお礼の挨拶。
浮き足立った男子と女子が寄り付かない世界の片隅でこんな熱い奴らがいるんだぜ…!
目頭を抑えるババアたち。

そして、今回も恒例のライブ会場へ。
バージョンアップした私の目は華あるバンドをすり抜け、ガラスというガラスにダンボールを貼った会場作りに釘付け。ロケーション最高…!
出てくるバンド、バンド、「モテるね。ありゃ、モテるね」とプロデューサー並みに腕を組み、反っくり返りながら鋭い目で見定める私たち。
そんな中、見つけましたよ、逸材を。
クラスメートに誘われて付いてきた風の、一番は端っこに佇む全くライブ慣れしていないメガネ男子を。
最前を陣取りながらも隣りと保つ微妙な距離感、手拍子の取り方の上品さ、挙げた拳の優しさ、冷静にバンドを見つめる眼差し、控えめに動く唇・・・イイ!!
今すぐクロッキーしたいくらいイイよあんた!!!
バンドを見ているふりして、彼の感情の機微を観察しておりました。
一バンド終える頃には彼が主人公の短篇を見たような軽い感動を覚え、またも目頭を抑えるババアたち。

文化祭を楽しむ指向は人それぞれ。
そのそれぞれに目を向けると、そこには形の違う青春が在るのだ。
と目を細めほくそ笑みながら悟る、なぜか仙人目線のコイケであった…(誰?)
posted by コイケジュンコ at 02:07| Comment(0) | 日記