2012年03月22日

純喫茶くいだおれ物語

こんばんは、くいだおれジュンコです。
「ここ連日、文字通り倒れるくらい食べている」事と、「オシャレ眼鏡(小さな花粉対策)をかけたまま写真を撮るとまるでくいだおれ太郎のようである」事の、ダブルミーニングです。
ほんとひどいっ!食べ過ぎによる顔の丸みが相まって、なんだろ、、性別すらわからねえっ!!
そりゃ甥っ子に「じゅんじゅんって女なの?」と陰で調査されるはずですよ…。

ちなみにこの眼鏡、効果は花粉症だけでないんです。
この眼鏡をかけていると、色々な人に話しかけられます。
ここ2、3日だけでも街で話しかけられること5回…。人当たりの良い眼鏡なんですかね?くいだおれ太郎と同じく。
先日、アーティスト友の川上和歌子さんと柴又散策した時もそうでした。
待ち合わせ時間5分前に改札を抜けると同時に「すみません〜」の声。お昼にしてこの日2回目のお声掛け。
振り返ると年輩のおばあさんが「その靴、どこで売っているんですか?!」と鼻息荒く聞いてきました。
私忍者好きが高じて足袋シューズを多く所有していて、よく聞かれはするんですが。昨年フランスに行った時も、アメリカ人がこれまた鼻息荒く 「Gooood!!Gooood!!」と言いながら駆け寄って来られた思い出が。きっと売っている場所を知りたかったんでしょうが、英語ができなさそうな日本人に諦めたのか褒めちぎるだけ褒めちぎって帰っていきました…。

さて、話は戻っておばあさん。どうやら健康(脳)の為にご所望だった様子。
方や忍者、方や健康。。。ブランド的にはどちらもターゲットじゃないはず…という思いに捕われましたが、店員のようにブランド名などをご紹介しました。心許なく繰り返し発するおばあさん。きっと家まで覚えていられなさそう…と心配しながら送り出し、「さあて、川上さんそろそろいらっしゃるかな…」と後ろを振り返ると、市原悦子並みにこちらを伺っている川上さん!しかも肩が震えとる!!
川上さんったら、私とおばあさんのやりとりをずっと見守っておられたご様子。い、言ってよぉ〜〜(汗)!!
変な汗をかきながらの待ち合わせと相成りました。

柴又着いたら目の前に寅さんの像があるのですが、私的にはそこで撮影し合っている爺さまたちにロックオン!宝の山だよ、全てが!!私の版画に登場してほしい方ばかりでどうしていいか分からないっ!
気持ちばかりが先走った私は取材準備にまごまご、その間に爺さまたちは移動。逃した獲物は大きい…(涙)!!
しかし気を落とすのは早い、町に溢れる爺たちよ…!興奮が押さえられずに、変なテンションで川上さんに絡む私。(川上さん、その節はすみません…)

柴又と言ったら帝釈天。お昼時でしたが、まずはお詣りすることにしました。
15年以上前、柴又が地元の友達と訪れた事がありました。その時はお初&日曜日で賑わっていた事もあり、柴又散策に時間がかかった記憶があります。ところが、平日のまったりタイムに参道を歩きましたら、意外に短くてビックリ!
余談ですが、15年前の散策で忘れられないのが、参道中にてカメラのフィルムを買い求めたら大幅な期限切れだったようで、まだらにピンクかかったちょっとH風な写真が出来上がり、たじろいだ記憶がございます。。。
その参道の先の帝釈天へ着くと、20歳の時にはあまり気に留めなかった門などの飾り彫刻に目を奪われました!レリーフのように彫られた植物や動物が何層かに重ねられ、奥行きある複雑な彫刻に。彩色などはせずいい感じに歴史を感じる木の色で、渋カッコイイ!!日光東照宮とはまた違ったカッコよさです。
そして参拝者がまたカッコイイ!毎日のように通っていると思われる方々が自転車で乗り付けて、ご自分の手順に沿って参拝する姿に見とれてしまいました。

キティ、ウルトラマン、ドラゴンボールなど帝釈天で扱うお守りのバラエティーさに圧倒されつつ、柴又でお昼をいただくことに。
実はこの日、もうひとつの目的は「純喫茶巡り」♪
柴又にもあるかと思っていたのですが見当たらず。。。「下町だからどこかあるかも☆」とちゃんとリサーチしてこなかった自分に反省…。
かなりお腹がすいてしまったのでとりあえずどこかに入ろうと参道を歩いていても、話に夢中になりすぎてすぐ帝釈天、折り返してまた話しすぎて駅近く、を繰り返す私たち。3往復はしました。終いには、だんご屋などのおばちゃんたちが全く呼び込みしないという有様(笑)
無事お腹を満たして、外に出ると14時。あ、あれ?人少なくなってる…しかも好みの爺婆さまたちが!
巣鴨でもそうだったんですが、爺婆さまたちの行動ピークは午前中。お昼を境にいなくなっていきます。嗚呼、まったく取材ができなかった…(涙)
再び来る事を決意しながら、隣り駅・高砂の純喫茶で悔しい気持ちを癒すべく柴又に別れを告げました。

向かったお店は「純喫茶アイドル」。年末に偶然見つけたお店でして、まず名前がイイ!!そして突き出し看板と幌看板のロゴデザインが違う!!ツッコミどころ満載&「テイストが濃いお店は細い階段を昇った先にある」という持論にピッタリ合ったロケーション。これは入るしかないだろうと思っていた物件だったのです。
これに純喫茶好きの川上さんが食いついてくださり、夢の実現となりました☆
店内に入ると、お店夫婦のお二人が出迎えてくださった他に常連と思われるご夫婦が。斜に構えてタバコを吸いながらしゃがれ声で話しているお客のおばさん。う〜ん、濃い!
奥の隔離されたような席に通していただき周りを見渡してみると…昭和感漂いつつなんか明るいんです。蛍光灯的な。レースのカーテンや造花のディスプレイも相まって、文字通りアットホームな雰囲気。私たちの席すぐ近くに正方形のテーブルが壁と柱のL字にぴったりくっつけられており、その小さいテーブルには観葉植物が二つ。なにこの席…まかない席?!
気になるポイントが色々ありましたが、ホットケーキとカフェオレを注文いたしました(注:昼食を取ってから小1時間)。
テーブルに運ばれたホットケーキはバターが9割溶けており、皿の上にはフォークと……バターナイフ?!
何故かナイフという体でバターナイフが!!
ちょっと丸っこいデザインなだけでナイフなのかしら?と自分に言い聞かせ、最後までナイフとして使ってみましたが…紛れもないバターナイフでした☆
味はフツー…というか限りなくフツーで、メニューを見るとちゃんとした食事物が豊富だったので、そっちの方に力を入れているのかもしれません。(名前がアイドルなのに!)
これはランチ時にまた来なくては…と川上さんと話しながら純喫茶アイドルを後にしました。
しかし、私たちの散策はまだ終わりません!

このお店にいる時に、事前に少しリサーチしてくださった川上さんから「近所に純喫茶がまだあるはず」とのお話がありまして。ホットケーキを食べつつ携帯電話という文明の利器を使って調べてくださり、これまた素晴らしい喫茶店を突き止めたのです!
その名も「喫茶 白十字」。しかもロゴデザインが一条ゆかりっぽい!!
ひとしきり看板写真を撮った後にディスプレイを物色…お、美味しそう…チラチラ顔を見合わせる私たち。
お互い駆け引きしながらも「入りましょうか」という言葉にこぎ着け、いざ店内へ!!
ハツラツとしたマダム店員さんに誘われパフェを注文。純喫茶アイドルを出て10分。さきほど、スイーツ界でも重いと言われているホットケーキを食べたというのに、これまたスイーツの横綱・パフェを注文するという…やりすぎ(汗)!!
まあ、「喫茶店」というのはそういう「心のハレ」を求めてしまいますよね☆しょうがない、しょうがない☆
後ろめたい気持ちを全く持たない私の前に運ばれたチョコレートパフェを見ると…チョコレートソースが乱れ打ちっ!!
なんでしょ、こういうジェットコースター富士急ハイランドにあったよね?的なフォルム!不規則で荒々しいワイルドなかけ方!!
な、なんなんだっ、純喫茶ってフリーダムすぎる…!!
またも心をわしづかみされながらパフェを堪能致しました♪

しかし、天気が良い中で散策したためか、急激に糖分を過剰摂取したためか、頭がふわ〜んとしてきました。そんな中でも、川上さんに真面目な?話をしていて、ふと川上さんを見ると慈悲深いお顔で頷かれていました。
そこで思わず「…川上さん、今一瞬寝ましたね?」
ハッとする川上さん☆
何故分かるって?私がそうだからですよ!
飲み会とかで長丁場になると途中で眠くなるお年頃になってきて、よく笑ったフリして目を閉じる、深く頷くフリをして目を閉じる、そしてその一瞬だけ眠る、ということをよくやっているんです。
でも川上さん、お気になさらないでください。何故なら私も…半分寝てたから☆話しながら軽く寝てたから…!だから、話している内容が真面目だったかちょっと自信がないんです。タハッ!
閉店30分前、ほとんどお客さんがいない中、私たちは椅子に体を完全に預けまどろんだのでした。。。

とそんなわけで、純喫茶でもくいだおれてしまったジュンコでありました…。
posted by コイケジュンコ at 23:32| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
純喫茶には、「しゃがれ声&タバコ&斜がまえ」と3拍子そろったマダムが必須ですよね☆
春のはじまりのあの日のこと、克明に記していただいてありまとうございます(感涙)ぜったい忘れないから〜
また行きましょうねっ 新規開拓も!
Posted by wakop at 2012年03月30日 18:12
WAKOPさま☆
コメントありがとうございます!
いや〜楽しかったですね♪是非また純喫茶巡りいたしましょう!
今回も長いの読ませちゃってすみません…4ページ以上になっていないことを願うばかりです。。。
Posted by コイケジュンコ at 2012年03月30日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。