2014年03月12日

ご褒美残酷物語

みなさまお久しぶりです!
日記を書かない間に、予想以上の大雪が降り、花粉が始まってしまいました。。時が経つのは早いっ!
でもコイケは相変わらずでございます。激務の2013年が過ぎ、2014年はマイペースに、、と思っていたのですが、2013年に後回ししていたツケなど、意外にワタワタしております。忙しくなると、私のレジャーの9割はガチャガチャになるわけで(笑)、仕事・制作・ガチャガチャな2014年冬を過ごしておりました。
今年40歳、ガチャガチャを(自分のために)やることになんの躊躇も恥ずかしさもない今日この頃ですが、さすがに恥ずかしい…という思いを一ヶ月ほど前にいたしました。。。

それは搬出作業を終え、やたらとかさばる作品(妄想ドレス)を手持ちで帰るというかなり迷惑ないでたちでの帰り道のこと。
あとちょっとで家、という超近所の店に寄った際、「今日頑張った自分に…」とガチャガチャをすることに。
実は前から目をつけていたガチャガチャがあったんです。文字のLED光が出る麻雀の牌キーホルダー!女一人の帰り道にライトがあったら便利よね☆(逆に怪しい)
手慣れた感じで200円入れ、回しきって手を入れると、、出ない!
いっくらゴソゴソしても出ない!!

5分くらい自分で頑張りましたが、ひと一人入るどでかい黒い袋を持ってガチャ機に手を突っ込む姿はさながら小銭を探す人…子どもの視線が痛かったこともあり、勇気を出して店員さんに言う事にしました。
ちょうどいたのが、その店でよく見かけるキザっぽい青年。いつもシャツの第二ボタンまで開けていてネックレス…なぜこんな安いスーパーにいるんだ…と常日頃気になっていた存在。
この人にガチャのことを言うのか…気が引けましたが、でかい荷物を持っているためそう動けず、彼を頼ることにしました。
最初は「ご購入アリガトウゴザイマッス☆」(キザっぽく読んでください)とか言っていた店員さんも苦戦、いくらやっても出ないので「鍵で開けましょう」という運びになりました。
この時、店員さんはまだ余裕だった…キザを保っていられた…。

ジャラジャラ10個は付いている鍵を持ってきて、いくつか試すも全然入らない。
段々イライラする店員さん、鍵をぶん投げて再度鍵を試す。もうかなりイライラしているので「入るものも入らないんじゃないか!?」という差し込み方。
店員さん思わず「チッ!」
コイケ無言で息を飲む…。
イライラが頂点に達した店員さんがタイマン上等とばかりにガチャ機とかなりヒエエ〜〜ッな格闘!
お客さんがみんな見てるよ〜〜!!あわわ!!
私の慌て節が頂点に達した時、やっと出てきました。

とりあえず「ありがとうございます」を連発するも、その頃には店員さんの笑顔は消え(髪が振り乱されていた…)、低い声で「はい」とガチャを私に渡すと同時に持ち場へと帰って行きました。。。
ああっ!なんかすみませんっした!!

そんな思いまでして取ってもらったガチャですが…
開けてみると、、あれ?牌じゃない。。
点棒なんですよ。心もとない細い棒で超ぺらっぺら。どこから光が出るんだろ…ボタンもないし…。
?が浮かびながら、中に入った紙を読むと、「※点棒はLEDライト機能がついていません。」
え、、ええーーーっ!?
ビジュアル的にもハズレなのに、これだけ光らないって何だよ!!まさかの全くいらねーやつっ!!!
ライトで200円はなかなかいいな〜☆と思ってやったのに、このぺらぺらな棒じゃ100円でも高いわっ!!なんなの、このコストパフォーマンスの格差は!!
15分も恥ずかしい思いをしたというのに。。
どんだけ…どんだけトホホキャラなの私って…(涙)

これが自分へのご褒美か…。
ドMの自分にはぴったりだな…と天を仰ぐと、夜空の星がライトのない私を照らしてくれました。
<完>

……おそまつでしたっ(笑)!!
posted by コイケジュンコ at 23:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。